オリジナル品種の量産に着手しました  2021.3.26

ビスケ “Bisquet”という名のリンゴは、その昔、スペイン北部からノルマンディーのコトンタン半島へわたり、フランスのシードルの歴史をつくってきた、今でも最も重要な品種の一つ。

日本までやって来た“Bisquet”の子孫、フレカンフェルムの 「Bis6」に、正式な名前はまだ無い。

先日、第一段階のセレクションを経て、少量ながら醸造現場に対応できる収穫量を見込み、「Bis6」の量産に着手いたしました。 このリンゴを、いつか、本物を求める、情熱をもった醸造家へお届けできるか否か。 

全く先を見通せないこの取り組み。 応援して下さる皆様のおかげで、 とにかく、今年の春も、一歩だけ前に足を踏み出すことができました。

2021.3.26 Ko HAYASHI